一昨年より休業しておりました『Kaizou魂 のほほんブログ』またまたのほほんと再開させて頂きます。やっぱりハードの改造は止められません!日々精進という事で、頑張りますので、暖かく見守って下さい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
( ゚∀゚)ノコンチャー


最近HDDを日立製の HDS721010CLA332 1TB 32MBキャッシュに変えたんですが、

『最近のHDDってこんなに早いんだ!!』

と関心してしまいました。


何が違うかって?やはりOSの立ち上がりスピードですね!そして立ち上がった後もまたアプリの起動スピードが
格段に以前の物とは違って目を見張るものがあります。

また、発熱やシーク音もかなり抑えられてますなぁ

って・・・以前はHGST製品の160GB 6MBキャッシュの物を使用していたんで、かなりのスピード差を感じます(汗)

HGST_1TB

以前のHGST製の160GBを検索したら、発売が2007年でした。

まだ3年しか経ってないのに、技術の進歩は早いですなぁ(;^ω^)

6MB→32MBでこれだけの体感スピードって事はWESTERN DIGITALのキャビアシリーズ 64MBキャッシュに変更したらもっと早いって事?

WESTERN DIGITA グリーンキャビアシリーズは64MBとキャッシュはデカイですが、ディスクサイズが2TB→1.5TB→1TB(EARS型番)

金額的にはHGSTとどっこいですが、回転が何故か5600回転(1TBは非公開)ってとこがどうも引っかかる(;´Д`)

更にブラックキャビアシリーズ(FAEX型番)に関しては64MBキャッシュに関しては、回転数こそ7200ですが、XP OSにインスコする場合は要再設定とのことだ、しかもWindows7 OSで使用した時ほど性能を最大限に発揮できないとか・・・

何だか色々と引っかかる(^^;)

これは無難に2枚プラッタで耐久性の高い HGST 1TB \6,549だなと、安くて無難な路線を選んだ訳ですが、ここ最近になってSSDがほしい!!ヽ(゚д゚)/

ズバリこれ!!
X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2R5
Intel X25-M Mainstream SATA SSD SSDSA2MH080G2R5

これからの時代は、これですな

ディスク容量は小さくとも、システムボリュームだけを限定に構築するには十分な80GB

大事なお宝動画はDドラやEドラ若しくは、拡張ボリュームでe-SATA接続でもおk

取り合えず、システムボリュームだけ高速化してやれば、今までより格段のスピードアップが図れるだろう

SSDの耐久性は一昔前はズタボロだったらしいけど、今じゃ大分落ち着いてきたみたいだし・・・
※Intel系SSDは発売当初、OS3回起動で壊れた人もいたらしい

しかし、今はHDDの約6倍の耐久性と、なんと3年保障もついてくる

エコカー減税も(マテ

Sandisk期待の☆がコケた今、IntelとIODATAという名のTOSHIBA製 SSDの独壇場状態


みなさんも是非ご検討してみては如何でしょう?


(薦める前に自分で買えw

(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!


業界動向 | トラックバック:0 | コメント:0 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaizoudms.blog58.fc2.com/tb.php/5-9c138b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。