一昨年より休業しておりました『Kaizou魂 のほほんブログ』またまたのほほんと再開させて頂きます。やっぱりハードの改造は止められません!日々精進という事で、頑張りますので、暖かく見守って下さい
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
´ω`)ノ こんぬづわ


今回も、前回引き続き、ATOM A330 ION レビューの続きを書きたいと思います。

ASRock_A330ION_BIOS(1)

まず↑がASRock A330 ION のBIOS(OC Tweaker)設定画面です。

※BIOSに潜り込むには起動ロゴ画面時にdelキー連打です。


う~んなんだか設定項目が少ないような・・・(;´Д`)
まずはいつもどおり、メモリーのクロックを1066→800に落とします。

OCと同時にPCIのクロックもAUTOにしておくと、当然上昇するので、PCIクロック100固定

簡単に説明しますと、Overclock Mode をAUTOからManualに設定できますが、FSB=CPU Frequencyの上限値が179までしか上がりません

VCORE Voltage はAUTOにすると安定しないので、Manualで設定するんですが、こちらも上限値が1.232V

とりあえずMAXで設定

FSBが179上限値なんで、すなわちBIOS上でOCできるのが2.147Ghzが限界OCですw

もっと単純なのが、Load Optimaized CPU OC Setting でOCセッティングが各クロックごとに既に設定が入ってます

ASRock_A330ION_BIOS_(2)


ターゲットクロックにセットすると、FSBとそれに会わせたボルテージ設定がロードされます。

と・・・いう事は・・・


【サルでもできるオーバークロック】


\(^o^)/オワタ


BIOSは・・・これが限界・・・OTZ

ちなみにこの時の温度がこんな感じ

EVEREST Ultimate Edition
EVEREST


温度低め

まだまだ余裕あるんじゃ・・・


ちなみにこの板のOCツールであるASRock OC Utilityでは上限のロックが無い為、もっとクロックアップできるのですが、このツール上だと2.2Ghz前後(FSB185)あたりから不安定すぐる・・・

電圧上げられないんだも~ん

さてさて、ここからOCギャラリーです

モンキーハンターことMHF
MHF(4)


OCしても200点ほどしか上がってません

波動~拳!!
FFIV(5)



結果はやはりEランクww

FFIV(6)



CHINEBENCH R10 multi
CHINEBENCH R10

OCで200点ほどうpww


SUPER ○っPI mod 1M
Super_Pai_mod


デフォルトは未計測(すんません)

というような結果(;^ω^)

残念ながら、未だネットに接続してないんで、結構肝心なストリーミングテスト忘れてましたww

暇な時にまたやります


(=゚ω゚)ノジャ、マタ!!
ATOM A330 ION | トラックバック:0 | コメント:4 | Page Top↑
コメント
この記事へのコメント
えっ、えっと、えっと・・・・

半分位は何となくで半分位はネットで調べつつ読ましてもらいました!
いつも思っていたのは
OCすると、温度が上がって、ある程度までいったらCPUがおじゃんしてしまうって事ですよね?
もし電圧かけまくって、クロックアップしていっても温度が全く上がらい状態に冷やしてあげていれば、CPUの性能あげまくりって事ですか?
その為に水冷で冷やしている人とかいるんですよね?

でも限界ギリギリまでいってCPU壊れるの怖い・・・・
素人的見解で申し訳無い・・・・
2010/04/26(月) 14:44 | URL | icebiore #-[ 編集]
>icebioreさん

コンニチハ、

>でも限界ギリギリまでいってCPU壊れるの怖い・・・・
全くその通りです(;^ω^)

CPUをOCするとCPUに供給する燃料となる電気が必要となります、そこで電圧を上げると、CPUが発熱します。
その熱をいかに効率よく冷やせるか?がOCの肝になります。

しかし、どんなにすごい水冷システムでも空冷システムでも、室温以上にはCPU温度は下がりません
※ドライアイスやL2N(液体窒素)、ガス冷は別

OC時のCPUクロックに対する電力供給のバランスが肝心です、ただ闇雲に電圧だけを上げるとCPUの破損に繋がります。

最近のCPUは保護機能みたいな物がついてるので、ある程度発熱すると機能停止しますが、(基準は無いですが)そこで壊れてしまうCPUも多々あります

過度のOCによるCPUの故障の原因は、『コア焼け』という発熱や電圧かけすぎによりチップが焼けてしまう恐ろしい物です

見た目で明らかに焦げてしまってる物や、見てくれは普通でも回路的に壊れてる物色々ありますがねw

『壊れたら次買えばいいんだ~ヽ(゚∀゚)ノ』なんて人しか限界チャレンジは無理でしょうねw

最近のCPUはOC耐性も高くなり、冷やせば冷やすほど性能が発揮できる恐ろしい仕様になってきてるような・・・
2010/04/26(月) 18:54 | URL | kenken #/L8cOpO2[ 編集]
Σ(・ω・)Atom…2GHz超えっ!

うーん…さすが…ASRock先生…

945GCのモデルよりもBIOSの項目は多いですね~

>ターゲットクロックにセットすると、FSBとそれに会わせたボルテージ設定がロードされます。

(・ω・)な、なんか…ASRockぽいですねw
2010/04/26(月) 22:36 | URL | ひいらぎとげ(aki) #-[ 編集]
>ひいらぎさん

このASRockは優秀なほうなんですかね?(;^ω^)
ATOM初心者にはよくわかりません(汗)ASRock板も初めてなんで・・・

ATOMとしてはどーなんでしょう?

もうちょっとクロック上がってほしかったなぁ~
2010/04/28(水) 01:27 | URL | kenken #/L8cOpO2[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kaizoudms.blog58.fc2.com/tb.php/10-fa37c5f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。